葉酸

葉酸は水溶性ビタミンの一つです。葉酸は、ビタミン12とともに血液つくる働きあります。また、たんぱく質や細胞をつくる時に必要なDNAなどの核酸を合成する重要な役割があります。そのため、胎児の正常な発育には重要で、妊娠中・授乳中の女性には十分な葉酸を摂取する必要があります。葉酸が不足すると、悪性貧血や口内炎、舌炎などの症状があらわれ、妊娠・授乳期には胎児への先天異常や発育障害などのリスクが生じます。

1日の葉酸摂取量基準

推奨量(μg) 性別
年齢 男性 耐容上限量 女性 耐容上限量
0~5(月) 40※ - 40※ -
6~11(月) 65※ - 65※ -
1~2(歳) 100 300 100 300
3~5(歳) 110 400 110 400

6~7(歳)

140 600 140 600
8~9(歳) 160 700 160 700
10~11(歳) 190 900 190 900
12~14(歳) 240 1,200 240 1,200
15~17(歳) 240 1,300 240 1,300
18~29(歳) 240 1,300 240 1,300
30~49(歳) 240 1,400 240 1,400
50~69(歳) 240 1,400 240 1,400
70以上(歳) 240 1,300 240 1,300
妊婦初期(調整値)     +240 -
妊婦中期(調整値)     +240 -
妊婦末期(調整値)     +240 -
授乳婦(調整値)     +100 -

※目安量