ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンの一つです。ビタミンB6は、食品として摂取したたんぱく質、アミノ酸の代謝をサポートします。また、脂質の代謝を助け細胞の生成を促し、赤血球のヘモグロビンを合成する造血作用もあります。不足すると湿疹、皮膚炎、口内炎、神経障害、貧血などの症状があらわれます。ビタミンB6は腸内細菌によって体内でもつくられますので、通常の食生活の場合には不足の心配はありません。

1日のビタミンB6摂取量基準

推奨量(mg) 性別
年齢 男性 耐容上限量 女性 耐容上限量
0~5(月) 0.2※ - 0.2※ -
6~11(月) 0.3※ - 0.3※ -
1~2(歳) 0.5 10 0.5 10
3~5(歳) 0.6 15 0.6 15

6~7(歳)

0.8 20 0.7 20
8~9(歳) 0.9 25 0.9 25
10~11(歳) 1.0 30 1.0 30
12~14(歳) 1.3 40 1.3 40
15~17(歳) 1.4 50 1.3 45
18~29(歳) 1.4 55 1.1 45
30~49(歳) 1.4 60 1.1 45
50~69(歳) 1.4 55 1.1 45
70以上(歳) 1.4 50 1.1 40
妊婦初期(調整値)     +0.8 -
妊婦中期(調整値)     +0.8 -
妊婦末期(調整値)     +0.8 -
授乳婦(調整値)     +0.3 -

※目安量