ビタミンK

ビタミンKは脂溶性ビタミンの一つです。ビタミンKは、血液を凝固させて血を止めます。また、骨がカルシウムを取り込むために必要なたんぱく質を活性化します。このため、ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています。食品から摂取するものと、腸内細菌や組織が生成するもの両方のビタミンKを利用しており、不足する心配はほとんどありません。

1日のビタミンK摂取量基準

目安量(μg) 性別
年齢 男性 女性
0~5(月) 4 4
6~11(月) 7 7
1~2(歳) 25 25
3~5(歳) 30 30

6~7(歳)

40 40
8~9(歳) 45 45
10~11(歳) 55 55
12~14(歳) 70 65
15~17(歳) 80 60
18~29(歳) 75 60
30~49(歳) 75 65
50~69(歳) 75 65
70以上(歳) 75 65
妊婦初期(調整値)   +0
妊婦中期(調整値)   +0
妊婦末期(調整値)   +0
授乳婦(調整値)   +0