ビタミンE

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一つです。強い抗酸化作用で、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などを防ぎ、生活習慣病の予防が期待できます。不足すると溶血性貧血、ごくまれに感覚障害や神経症状がみられることがあります。通常の食生活で過剰摂取する心配はありませんが、過剰症として出血傾向が高まるおそれがあります。

1日のビタミンE摂取量基準

目安量(mg) 性別
年齢 男性 耐容上限量 女性 耐容上限量
0~5(月) 3.0 - 3.0 -
6~11(月)

3.5

-

3.5

-
1~2(歳) 3.5 150 3.5 150
3~5(歳) 4.5 200 4.5 200

6~7(歳)

5.0 300 5.0 300
8~9(歳) 6.0 350 5.5 350
10~11(歳) 6.5 450 6.0 450
12~14(歳) 7.0 600 7.0 600
15~17(歳) 8.0 750 7.0 650
18~29(歳) 7.0 800 6.5 650
30~49(歳) 7.0 900 6.5 700
50~69(歳) 7.0 850 6.5 700
70以上(歳) 7.0 750 6.5 650
妊婦初期(調整値)     +0 -
妊婦中期(調整値)     +0 -
妊婦末期(調整値)     +0 -
授乳婦(調整値)     +3.0 -