β-カロテン

β-カロテン当量とは、ビタミンA作用をするカロチノイドをβ-カロテン換算としてしたものです。α-カロテンおよびクリプトキサンチンのビタミンA作用をβ-カロテンの50%とみなし、(β-カロテン成分量100%+α-カロテン成分量50%+クリプトキサンチン成分量50%)を合算した値になります。β-カロテンは体内でビタミンAに変わるほか、強い抗酸化作用で老化やがん抑制が期待できます。

1日のβ-カロテン摂取量基準

参考:ビタミンA