カルシウム

カルシウムは人に不可欠な16種類ある「必須ミネラル」の一つ。丈夫な骨や歯をつくり、筋肉や神経の働きをスムーズにして興奮を抑える効果がある。不足すると骨粗しょう症のリスクが高くなり、摂取しすぎると血管に沈着したり、結石の障害が起きます。不足しても過剰になってもトラブルの原因となりますので、バランスのよい摂取が望まれます。

1日のカルシウム摂取量基準

推奨量(mg) 性別
年齢 男性 耐容上限量 女性 耐容上限量
0~5(月) 200※ - 200※ -
6~11(月) 250※ - 250※ -
1~2(歳) 400 - 400 -
3~5(歳) 600 - 550 -

6~7(歳)

600 - 550 -
8~9(歳) 650 - 750 -
10~11(歳) 700 - 700 -
12~14(歳) 1,000 - 800 -
15~17(歳) 800 - 650 -
18~29(歳) 800 2,300 650 2.300
30~49(歳) 650 2,300 650 2,300
50~69(歳) 700 2,300 650 2,300
70以上(歳) 700 2,300 600 2,300
妊婦初期(調整値)     +0 -
妊婦中期(調整値)     +0 -
妊婦末期(調整値)     +0 -
授乳婦(調整値)     +0 -

※目安量