• しゃこ(ゆで)

  • 英名:mantis shrimp

    魚介類 > えび・かに・うに

  • しゃこ(ゆで)

  • しゃこ(ゆで)

  • 高タンパク、低脂肪のヘルシーな甲殻類。

    しゃこは、エビと姿は似ていますが節足動物の一種で別種です。寿司ネタが一般的な食べられ方、産卵期の雌は美味しさが増し珍重される。しゃこにはエビやカニと同じく、血中コレステロールの低下や肝機能の改善に役立つなタウリンが豊富で、抗酸化作用をもつビタミンEとともに動脈硬化予防が期待できます。また、骨や歯を丈夫にするカルシウム、味覚を正常に保つ亜鉛、骨や血管、皮膚を丈夫にする銅などのミネラルも豊富です。
    大きさ:約20cm

  • 価格

    3500円(販売価格)/50匹

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・太っていて、身がしまっているもの。
    ・殻に透明感があり、黒っぽくないもの。
    ※雌の方が価値があり、腹に黄色いスジが入っているものが雌です。
  • しゃこ(ゆで)

  • 保存方法

    ・活しゃこは、塩茹でしてから殻を剥き、キッチンペーパーなどで包み冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    ・なし
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    98kcal

    たんぱく質

    19.2g

    脂質

    1.7g

    炭水化物

    0.2g

    食塩相当量

    0.8g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB1

    0.26mg

    ビタミンE

    2.8mg

    カルシウム

    88mg

    亜鉛

    3.3mg

    3.46mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    コレステロール低下作用肝機能強化動脈硬化予防骨粗しょう症予防味覚障害予防

  • 相性の良い食材

    ・疲労回復につながるしゃこ(ビタミンB1)と、ビタミンB1の吸収率を上げるにんにく(硫化アリル)を組み合わせて、効果的な疲労回復が期待できます。

    しゃこ(ゆで) + にんにく

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?