• 甘えび

  • 英名:northern shrimp

    魚介類 > えび・かに・うに

  • 甘えび

  • 甘えび

  • 子供からお年寄りまで大好きな小型のえび。

    寿司ネタや刺身で人気が高い甘えびの正式名はホッコクアカエビといい、とろけるような食感と甘さ、鮮やかな深紅色が特徴です。えびの特徴は、高たんぱく質、低脂質で低エネルギー、タウリンが豊富に含まれていることです。血中コレステロールを低下する作用があるので、体重が気になる方でも安心して食べれます。また、余分な塩分を排泄するカリウムや骨や歯の形成に必要なカルシウム、味覚を正常に保つ亜鉛などのミネラルも多く含んでいます。
    大きさ:約12cm

  • 価格

    1100円(販売価格)/100尾

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・殻付きの有頭ものは、頭がしっかりついていて、変色していないもの。
    ・むき身のものは、身に透明感があって、ハリがあるもの。
  • 甘えび

  • 保存方法

    ・生の有頭えびは、下処理(頭を取る)をして、水気をふいてから、ポリ袋に入れ冷蔵保存。
    ・冷凍ものは、そのまま冷凍保存。
  • 調理のコツ

    ・冷凍えびは、冷蔵庫に移し自然解凍する。早めに解凍したい場合には、流水に当てて解凍する。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    87kcal

    たんぱく質

    19.8g

    脂質

    0.3g

    炭水化物

    0.1g

    食塩相当量

    0.8g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンE

    3.4mg

    カリウム

    310mg

    カルシウム

    50mg

    亜鉛

    1mg

    0.44mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    コレステロール低下作用肝機能強化動脈硬化予防骨粗しょう症予防味覚障害予防

  • 相性の良い食材

    ・甘えび(たんぱく質、タウリン)と、わかめ(アルギン酸)を組み合わせれば、しなやかな血管をつくり、コレステロールを下げる働きで、動脈硬化予防に有効です。

    甘えび + わかめ

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?