• 牡蠣

  • 英名:oyster

    魚介類 > 貝

  • 牡蠣

  • 牡蠣

  • 牡蠣は海のミルクと呼ばれ、栄養価が高い!

    濃厚な旨みと甘み、磯の香りが豊かな牡蠣は、どんな調理でも美味しい人気の貝です。牡蠣の旨み成分は、血中コレステロールを下げるタウリンやエネルギー貯蔵物質のグリコーゲンなどで、動脈硬化予防や疲労回復が期待できます。また、味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を保つ亜鉛を豊富に含んでいるほか、貧血予防に役立つ鉄や銅、骨粗しょう症予防に有効なカルシウムなどミネラルの宝庫です。
    大きさ:約4cm

  • 価格

    1980円(販売価格)/15個

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・殻付きは、口がしっかり閉じていて、ずっしり重みがあるもの。
    ・むき身は、身がふくっらしていて、黒いヒダが鮮やかなもの。
  • 牡蠣

  • 保存方法

    ・殻付きは、購入した日中に食べきる。
    ・むき身は、パックのまま冷蔵保存。または、水気をふきとりラップに包み、保存袋に入れ冷凍保存。
  • 調理のコツ

    ・生食の場合には、殺菌処理がされている生食用を使用します。
    ・加熱調理の場合には、未処理の加熱用を使用します。
    ※生食用、加熱用、どちらも鮮度には関係ありません。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    60kcal

    たんぱく質

    6.6g

    脂質

    1.4g

    炭水化物

    4.7g

    食塩相当量

    1.3g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB12

    28.1μg

    カルシウム

    88mg

    1.9mg

    亜鉛

    13.2mg

    0.89mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    動脈硬化予防肝機能強化疲労回復味覚障害予防貧血予防

  • 相性の良い食材

    ・血液をつくる牡蠣(鉄、銅、ビタミンB12)と、鉄の吸収力を高めるレモン(ビタミンC)を組み合わせれば、貧血予防が期待できます。

    牡蠣 + レモン

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?