• かずのこ

  • 英名:ovary

    魚介類 > 魚卵

  • かずのこ

  • かずのこ

  • 子孫繁栄を願い、お正月のお節料理に欠かせない食材。

    かずのこは、にしんの卵巣を塩蔵加工、または乾燥させたものです。粒々の食感が病みつきになる、お節料理には欠かせない食材で、寿司ねたや珍味としても人気があります。塩抜きされたかずのこには、たんぱく質やカルシウムの吸収を高めるビタミンDが多く含まれています。脂質も少なく低エネルギーなのですが、コレステロールと塩分には注意が必要です。
    参考:にしん

  • 価格

    2980円(販売価格)/内容量500g ※約10腹

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・大きく肉厚で、粒々が密なもの。
    ・鮮やかな黄色で、透明感のあるもの。
  • かずのこ

  • 保存方法

    ・塩抜きしたかずのこを密封容器に入れ冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    ・かずのこの数え方は「腹」です。細長い数の子が2本で1腹となりますので、1本の場合には片腹となります。また、築地市場では、数の子1本を1羽と呼ぶこともあります。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    89kcal

    たんぱく質

    15g

    脂質

    3g

    炭水化物

    0.6g

    食塩相当量

    1.2g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンD

    17μg

    コレステロール

    230mg
    ---
    ---
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    骨粗しょう症予防

  • 相性の良い食材

    ・カルシウムの吸収を高めるかずのこ(ビタミンD)と、かつお節(カルシウム)を組み合わせれば、骨粗しょう症予防が期待できます。

    かずのこ + かつお節

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?