• すずき(切り身)

  • 英名:japanese seaperch

    魚介類 > 鮮魚

  • すずき(切り身)

  • すずき(切り身)

  • 低脂質、高たんぱく質の典型的な白身魚。

    出世魚のすずきは、大きさによって、こっぱ、せいご、ふっこと名前が変わり、60㎝以上のものが成魚のすずきになります。上品でクセのない淡泊の身は、刺身や洗い、塩焼きだけでなく、和洋中いろんな料理に使用できます。良質なたんぱく質が豊富に含まれているほかに、中性脂肪やコレステロール低下作用があるDHAやIPA、悪玉コレステロールを抑制するオレイン酸などの不飽和脂肪酸も含まれています。また、免疫力を強化するビタミンAやカルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれています。
    大きさ:約80cm

  • 価格

    1150円(販売価格)/300g

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・一尾魚は、全身が銀色に光沢しているもの。
    ・一尾魚は、エラがきれいで鮮紅色のもの。
    ・一尾魚は、目が澄んでいて、目の周りが黒々としているもの。
    ・切り身は、皮にハリがあり、身に透明感があるもの。
  • すずき(切り身)

  • 保存方法

    ・一尾魚は、下処理をして、キッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵保存。
    ・切り身は、キッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    ・なし
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    123kcal

    たんぱく質

    19.8g

    脂質

    4.2g

    炭水化物

    0g

    食塩相当量

    0.2g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンA

    180μg

    ビタミンD

    10μg

    カリウム

    370mg

    IPA

    300mg

    DHA

    400mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    脳機能活性化コレステロール低下作用動脈硬化予防免疫力強化骨粗しょう症予防

  • 相性の良い食材

    ・カルシウムの吸収を助けるすずき(ビタミンD)と、牛乳(カルシウム)を組み合わせて、骨粗しょう症予防。

    すずき(切り身) + 牛乳

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?