• さんま

  • 英名:paciffic saury

    魚介類 > 鮮魚

  • さんま

  • さんま

  • 濃厚な脂ののったさんまは焼き魚の最高峰!

    秋を代表する味覚のさんまは、濃厚な脂と苦味のある内臓が醍醐味です。たっぷりの脂質には、血中のコレステロールや中性脂肪を下げ、脳の機能を活性化するDHAやIPAを豊富に含んでいます。また、内臓に多く含まれる鉄は、造血に関わるビタミン12とともに貧血予防が期待できます。さらに、骨を積極的に食べれば、ビタミンDがカルシウムの吸収を助け、骨粗しょう症予防に役立ちます。
    大きさ:約35cm

  • 価格

    98円(販売価格)/1尾

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・身がしまって、頭から尾までピンとしているもの。
    ・皮にハリがあって、銀色で光沢があるもの。
    ・口先が黄みがかっていて、背がふっくらしているものは脂のりがよい。
  • さんま

  • 保存方法

    ・下処理をして、キッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵保存。
    ※購入したら早めに調理して食べましょう。
  • 調理のコツ

    さんまの下ごしらえ(三枚下ろし)
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    310kcal

    たんぱく質

    18.5g

    脂質

    24.6g

    炭水化物

    0.1g

    食塩相当量

    0.3g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB12

    17.7μg

    ビタミンD

    19μg

    1.4mg

    IPA

    890mg

    DHA

    1700mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    脳機能活性化コレステロール低下作用動脈硬化予防貧血予防骨粗しょう症予防

  • 相性の良い食材

    ・血中のコレステロールや中性脂肪を下げるさんま(DHA、IPA)と、血圧を低下するだいこん(カリウム)を組み合わせて、動脈硬化予防が期待できます。

    さんま + だいこん(根)

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?