• きす

  • 英名:japanese whiting

    魚介類 > 鮮魚

  • きす

  • きす

  • 見た目も、味わいにも美しさを感じる魚。

    きすは、透き通るような身とキラキラと光る姿が美しく、淡泊で上品な味わいで江戸前のてんぷらには欠かせない魚です。良質なたんぱく質が多く、脂質が少ないのが特徴で、低エネルギーな食材です。また、血圧低下作用があるカリウムを多く含むほか、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含み、骨ごと食べればとても効果的です。
    大きさ:約25cm

  • 価格

    980円(販売価格)/25尾

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・一尾魚は、身がきれいな銀色で、ウロコが付いているもの。
    ・一尾魚は、身にハリがあり、腹がしっかりしているもの。
    ・一尾魚は、目が澄んでいて黒目がはっきりしているもの。
    ・開き身は、透明感があり厚みがあるもの。
  • きす

  • 保存方法

    ・一尾魚は、下処理をして、キッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵保存。
    ・開き身は、キッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    ・なし
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    85kcal

    たんぱく質

    19.2g

    脂質

    0.4g

    炭水化物

    0.1g

    食塩相当量

    0.3g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンD

    9μg

    カリウム

    350mg
    ---
    ---
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    骨粗しょう症予防高血圧予防

  • 相性の良い食材

    ・しなやかな血管をつくるきす(たんぱく質)と、血圧低下作用があるだいこん(カリウム)を組み合わせて、動脈硬化予防が期待できます。

    きす + だいこん(根)

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?