• うなぎ(蒲焼)

  • 英名:japanese eel

    魚介類 > 鮮魚

  • うなぎ(蒲焼)

  • うなぎ(蒲焼)

  • 土用の丑の日は鰻を食べて元気に!

    うなぎは生命力が強く、昔から滋養強壮のある魚として食べられてきました。栄養的にも優秀な食材で、代謝を助ける豊富なビタミンB群は、摂取したエネルギーを効率的に体内で使えるようにし、疲労回復や夏バテ防止に有効です。さらに、強い抗酸化作用をもつビタミンEやカルシウムの吸収を助けするビタミンD、目や粘膜の健康を保つビタミンAを豊富に含んでいるなど、様々な健康効果が期待できます。
    大きさ:約60cm

  • 価格

    1580円(販売価格)/1尾

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・丸々として、ぬめりが強いもの。
    ・皮の色は、青黒く光沢があるもの。
    ・蒲焼は、ふっくらして身が厚いもの。
  • うなぎ(蒲焼)

  • 保存方法

    ・蒲焼はパックのまま冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    ・うなぎの一般的な食べ方は蒲焼ですが、冷めてしまったものは、鰻を卵焼きで巻く「鰻巻き」や、きゅうりと一緒に酢の物にする「うざく」などに利用できます。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    293kcal

    たんぱく質

    23g

    脂質

    21g

    炭水化物

    3.1g

    食塩相当量

    1.3g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンA

    1500μg

    ビタミンB1

    0.75mg

    ビタミンD

    19μg

    ビタミンE

    4.9mg

    DHA

    0mg

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    疲労回復脳機能活性化老化防止骨粗しょう症予防免疫力強化

  • 相性の良い食材

    ・うなぎ(ビタミンB群)の代謝を助ける働きと、ごはん(炭水化物)を組み合わせ、疲労回復に役立つ。

    うなぎ(蒲焼) + 白米

  • 食材を使った料理

    01251144081
    「うな重(1人分)」

    コスト:1,809.7円
    エネルギー:1,089kcal

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?