• 豚肉ロース

  • 英名:loin

    肉類 > 豚肉

  • 豚肉ロース

  • 豚肉ロース

  • 外側の脂身がロースの美味しさ!

    厚い脂肪ときめ細かい肉質の赤身が特徴です。厚い脂肪にはうま味とコクがたっぷり、塊肉、厚切り、薄切りなどいろんな調理にも使用できます。豚肉は良質なたんぱく質と豊富なビタミンB群が特徴。ビタミンB群は、糖質や脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにする手助けをする大事な栄養素です。また、豚肉の脂質には悪玉コレステロールを下げる不飽和脂肪酸のオレイン酸を多く含んでいます。
    参考:ロースハムロースベーコン

  • 肉の部位

    肩ロースから腰にかけての部分
  • 主な用途

    とんかつ、すき焼き、ローストポーク、ソテーなど
  • 価格

    223円(販売価格)/内容量90g

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・赤身はピンク色に近く、脂肪は白、乳白色のもの。
    ・外側の脂肪が一定の厚さのもの。
    ・ドリップ(肉汁)が出ていないもの。
  • 豚肉ロース

  • 保存方法

    ・空気に触れないようにラップで密封し保存用ポリ袋に入れ冷蔵、保存期間は3日程度。
    ・冷凍の保存期間は約1か月が目安、低温でゆっくり解凍する。
  • 調理のコツ

    ・赤身と脂肪の間にスジがあり、2~3㎝間隔にスジを断ち切ってから調理する。
    ・塊肉で調理する場合には、塊肉の温度を室温に戻してから調理する。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    263kcal

    たんぱく質

    19.3g

    脂質

    19.2g

    炭水化物

    0.2g

    食塩相当量

    0.1g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB1

    0.69mg

    ビタミンB2

    0.15mg

    ビタミンB6

    0.32mg

    コレステロール

    61mg
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    疲労回復免疫力強化貧血予防

  • 相性の良い食材

    ・しなやかな血管をつくる豚肉ロース(たんぱく質)と、抗酸化作用があるきゃべつ(ビタミンC)を組み合わせれば、動脈硬化予防につながります。

    豚肉ロース + きゃべつ

  • 食材を使った料理

    35357138244
    「ロースとんかつ(1人分)」

    コスト:316.7円
    エネルギー:572kcal

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?