• 牛小腸

  • 英名:small intestine

    肉類 > 牛内臓

  • 牛小腸

  • 牛小腸

  • コラーゲンがたっぷりで、女性に人気のホルモンです。

    かたく脂肪が厚いが、下処理をしてじっくり煮込むと美味しさが増します。通常は茹でてブツ切りにされたものが大腸とともに「モツ」として売られています。

  • 肉の部位

    牛の小腸
  • 主な用途

    煮込みなど
  • 価格

    450円(販売価格)/内容量150g

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・下処理したてのもの。
    ・変色しておらず、ドリップ(肉汁)が出ていないもの。
  • 牛小腸

  • 保存方法

    ・変質や腐敗が早く、購入後は速やかに調理しましょう。
  • 調理のコツ

    ・下処理されていないものは、内壁の脂肪をしっかりと取り除き、塩でもみ洗いして、熱湯で臭みをとる。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    287kcal

    たんぱく質

    9.9g

    脂質

    26.1g

    炭水化物

    0g

    食塩相当量

    0.2g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB2

    0.23mg

    ビタミンB12

    20.5μg

    1.2mg

    コレステロール

    210mg
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    免疫力強化貧血予防美肌効果

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?