• 牛ハチノス

  • 英名:reticulum

    肉類 > 牛内臓

  • 牛ハチノス

  • 牛ハチノス

  • 第二の胃、煮込んでも残る弾力感が人気。

    下処理に手間と時間がかかりますが、胃のなかでもっとも味がよく、弾力のある歯ごたえがあります。モツ煮込みやモツ焼きなどに利用される人気のホルモンのひとつです。

  • 肉の部位

    牛の4つある胃の第ニの胃
  • 主な用途

    煮込み、モツ焼きなど
  • 価格

    750円(販売価格)/内容量250g

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・下処理したてのもの。
    ・変色しておらず、ドリップ(肉汁)が出ていないもの。
  • 牛ハチノス

  • 保存方法

    ・変質や腐敗が早く、購入後は速やかに調理しましょう。
  • 調理のコツ

    ・煮込んでも弾力感のある食感が残ります。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    200kcal

    たんぱく質

    12.4g

    脂質

    15.7g

    炭水化物

    0g

    食塩相当量

    0.1g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    ビタミンB2

    0.1mg

    コレステロール

    130mg
    ---
    ---
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    免疫力強化

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?