• バジル

  • 英名:basil

    野菜・果物 > 葉菜類

  • バジル

  • バジル

  • ハーブの王様と讃えられ、日本でも大人気。

    バジルは、バジリコ(イタリア名)とも呼ばれ、爽やかな甘い香りで、トマトとの相性がよく、イタリア料理には欠かせない人気ハーブです。バジルの持ち味の香りには、精神的なリラックス効果や食欲増進、胃腸の働きを活性化させる効果があります。また、強い抗酸化作用を持つβ-カロテンを豊富に含み、活性酸素から体を守り、動脈硬化やがん予防に効果が期待できます。
    参考:バジル(粉)

  • 産地

    調査中調査中調査中

  • 価格

    150円(販売価格)/50枚

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・香りが強いもの。
    ・葉が鮮やかな色で、茎がしっかりしているもの。
  • バジル

  • 保存方法

    ・パックのまま冷蔵保存。
    ・なるべく早く使い切る。
  • 調理のコツ

    ・葉を摘まんで調理に使う。茎も細かくきざんで使うことができる。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    24kcal

    たんぱく質

    2g

    脂質

    0.6g

    炭水化物

    4g

    食塩相当量

    0g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    β-カロテン

    6300μg

    ビタミンC

    16mg

    カリウム

    420mg

    カルシウム

    240mg

    食物繊維

    4g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    食欲増進ストレス緩和動脈硬化予防がん予防老化防止

  • 相性の良い食材

    ・バジル(β-カロテン)の強い抗酸化作用と、オリーブ油(オレイン酸)の悪玉コレステロールを減らす働きを組み合わせ、動脈硬化予防。

    バジル + オリーブ油

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?