• だいこん(葉)

  • 英名:japanese radish

    野菜・果物 > 葉菜類

  • だいこん(葉)

  • だいこん(葉)

  • おろし、漬物、サラダ、煮物にと、食卓にかかせない野菜。

    大根は低エネルギーの野菜ですが、根にはアミラーゼといった消化酵素を豊富に含みます。消化酵素が胃腸を守り、胃もたれや二日酔いに効果を発揮するほか、肉や魚との相性がよく、焦げに含まれる発がん性物質を解毒する効果を持っています。葉にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、骨や歯の強化、美肌づくり、かぜ予防などの効果が期待できます。
    参考:だいこん(根)

  • 産地

    北海道千葉県青森県

  • 価格

    178円(販売価格)/1株 ※葉部分を価格換算25%

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・根は、白くハリがあるもの。
    ・葉や、つけ根がみずみずしいもの。
    ・ずっしり重いもの。
  • だいこん(葉)

  • 保存方法

    ・根と葉を切り分けてポリ袋に入れ、立てて冷蔵保存。
  • 調理のコツ

    だいこんの下ごしらえ
    野菜の切り方(輪切り、半月切り、いちょう切り、短冊切り、拍子木切り、角切り、細切り、斜め薄切り、千切り、みじん切り、乱切り)
    ・ゆでる時は水から
    ■部位ごとの使い方
    ●葉の付け根(辛みが弱く、ビタミンCが多い):生食が最適、サラダ、おろし、刺身のつまなど。
    ●中間部分(甘味が強く、肉質が均一):調理向き、おでん、ふるふき大根、煮込みなど。
    ●先端部分(辛みが強く、繊維質):薬味向き、薬味、きりぼし大根、味噌汁の具、ぬかづけなど。
    ●葉の部分(β-カロテン、ビタミンC、カルシウムが多い):味噌汁の具、炒め物、和え物など。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    25kcal

    たんぱく質

    2.2g

    脂質

    0.1g

    炭水化物

    5.3g

    食塩相当量

    0.1g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    β-カロテン

    3900μg

    ビタミンC

    53mg

    カリウム

    400mg

    カルシウム

    260mg

    食物繊維

    4g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    美肌効果動脈硬化予防高血圧予防骨粗しょう症予防かぜ予防

  • 相性の良い食材

    ・だいこん葉(β-カロテン、ビタミンC)の抗酸化作用と、ごま(オレイン酸)の悪玉コレステロールを低下させる効果を組み合わせ、動脈硬化予防。

    だいこん(葉) + ごま

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?