• ふき

  • 英名:japanese butterbur

    野菜・果物 > 山菜類

  • ふき

  • ふき

  • 春には野生ものが出まわる日本原産の山菜。

    ふきは、日本全国に自生している山菜、歯ざわりの良さと、独特の香り、ほのかな苦みが特徴です。この苦味成分には抗酸化作用があり、老化防止が期待できます。そのほか、高血圧予防のカリウムや便秘解消に役立つ食物繊維を多く含んでいます。
    参考:ふきのとう

  • 産地

    愛知県群馬県大阪府

  • 価格

    250円(販売価格)/1本

    (更新日2012-06-01)

  • 選び方

    ・茎は太すぎず、ハリがあるもの。
    ・葉付きのものは、葉が濃い緑色で、黄ばみ、黒ずみ、傷が少ないもの。
  • ふき

  • 保存方法

    ・ポリ袋に入れて冷蔵保存。
    ・鮮度落ちが早く、なるべく早く食べきる。
  • 調理のコツ

    ■下茹での方法
    1.水洗いして、調理に適した大きさに切る。
    2.まな板の上に、ふきを並べて塩をふり、軽く押しながら転がす。
    3.沸騰したお湯に、板ずり(工程2)をしたふきを入れて茹でる。
    4.色鮮やかになったら、水にとってアクを抜く。
    5.切り口の皮に包丁を当てて、皮を3cmくらい剥き、剥いた皮部分を手で摘まみ、引き剥がすように剥く。
  • 基本の栄養素

    エネルギー

    11kcal

    たんぱく質

    0.3g

    脂質

    0g

    炭水化物

    3g

    食塩相当量

    0.1g

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 注目の栄養素

    カリウム

    330mg

    食物繊維

    1.3g
    ---
    ---
    ---

    ※100gあたり(五訂増補 日本食品標準成分表)

  • 主な効用

    がん予防高血圧予防便秘解消

  • 相性の良い食材

    ・ふき(カリウム)の血圧低下作用と、血管を強くする油揚げ(たんぱく質)を組み合わせ、高血圧予防。

    ふき + 油揚げ

  • 食材を使った料理

    サイト紹介募集
    リンク依頼募集中!
    無料リンク!あなたのサイトをこのページで紹介しませんか?